深谷市のたけざわ接骨院では,交通事故でのむちうちによる首の痛み,スポーツ障害のシンスプリント,ジャンパー膝,オスグット,野球肩,野球肘,テニス肘などや,日常生活でのけがを,接骨,スパイラルテーピング療法で治療を行います

ケアマネさまへ

ケアマネジャー様へ

ケアプラン作成の際の課題分析で、ADL・IADLの問題は、ほとんどの方がニーズとなっているかと思います。

  • 「入院していて力が落ちたので、少し機能訓練をやって欲しい」
  • 「通所系サービスを利用しているが、もう少し何かやって欲しい」
  • 「意欲はあるが、痛みなどにより活動が出来ない」
  • 「家から出たがらず、活動意欲も低いため機能の低下が心配」
  • 「関節拘縮が進んでおり、おむつ交換などが大変になってきている」
  • 「人との交流が苦手で、通所サービスを嫌っている」
  • 「痛みのため活動量が減少している」

などの利用者様には在宅マッサージをおすすめいたします。

受け入れ易いマッサージを通し、身体機能の向上・活動意欲の向上・コミュニケーション能力の向上を目指します。

独居者の安否確認にも役立っています。

また、医療サービスのため介護保険限度額には関与しません。

当院の特徴

安心の自院運営

当院は、「医の倫理」及び「コンプライアンス」を重要視し、業務委託方式という形態はとらず、何かあった際には責任転嫁できない自院運営にてサービスを提供しております。

業務委託の登録スタッフではなく当院専従の在宅マッサージ専門のスタッフが訪問し、地域に根付いたサービスができるよう心がけております。

※業務委託方式・・・開業マッサージ師などと在宅マッサージの委託契約を交わし、マッサージ師の空いている時間を利用してもらい患者宅へ派遣する運営スタイルです。

共に苦労を分かち合いスマイルを目指して

画像の説明

確かな技術と知識の教育

タイムリーな情報や技術を得るには医療の現場に出るのが一番です。

医師からの要望により病院内にて入院患者様のリハビリを担当し高評価をいただいております。
患者様はもちろん、ご家族の苦労を理解し軽減できるように努めています。

共に苦労を分かち合う

相手の苦労を知る為には、確かな情報と理解が重要かと思います。
要介護者様の苦労、介護者様の苦労、それをサポートする方々の苦労・・・
さまざまな現場を見て聞いて・・・わかる苦労

ケアチームの一員として自分達の立場を理解し、しっかり役割が果たせるよう、デイサービスなどでの機能訓練の職員研修実技講師を務めるなど、介護の現場にも積極的に参加して研鑽に努めております。


a:2292 t:1 y:1

powered by Quick Homepage Maker 4.9
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional