深谷市のたけざわ接骨院では,交通事故でのむちうちによる首の痛み,スポーツ障害のシンスプリント,ジャンパー膝,オスグット,野球肩,野球肘,テニス肘などや,日常生活でのけがを,接骨,スパイラルテーピング療法で治療を行います

大切にしていること

当院が大切にしている事

バランス!

画像の説明

痛みは身体が発する信号!
無視をすれば悪化のスパイラルに陥る可能性大です。

主動筋→主に意識して動かせる筋肉

協力筋→主導筋を無意識に協力して助けている筋肉

固定筋→筋肉関節を支え固定する筋肉

拮抗筋→主導筋を抑制する筋肉
の4種類の筋肉が働き身体を動かしています。

これらの筋肉がバランスを取り合って身体は動く事が出来ます。
怪我等で筋肉のバランスが崩れると他への筋肉のストレスが生じ身体全体がアンバランスな状態となり痛みが出てしまいます。
当院では、身体全体のバランスを重視し、スパイラルテーピング療法を取り入れ無理なく身体(関節や筋肉)のバランスを調整することにより、疼痛の軽減を図りながら患者様を信号へと導きます。

刺激量(ドーゼ)!

近年問題視されている「ドーゼオーバー」は、刺激量の過剰により、緩めるはずの筋緊張が逆に緊張状態に陥ってしまったり、整えて軽くなるはずの身体が逆に重く感じ調子が悪くなったりするなどの現象です。

与える刺激が重なポイントとなります。

施術者が「もう少しやってあげたい」
受診者が「何か物足りない」
と思う位の刺激が身体にとって適量と言われています。

食事と同じで、お腹いっぱいにしてしまうと必ずどこかにストレスが生じます。

当院では、個人個人に合った刺激量で治療を行なうように努めております。

症状に合ったオーダーメイド的治療!

患者様の発する症状やストレスを受けている部位は、日々変化し多種多様です。
治療法もそれらに応じて変化させる必要があると考えております。

患者様のその日の状態を的確に判断し、症状に合わせたオーダーメイド的な治療を行うことで早期治癒を目指します。

画像の説明

もちろん、笑顔!元気!おもいやり!も大切にしております。


a:3023 t:1 y:1

powered by Quick Homepage Maker 4.9
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional